2018.12.14

下部組織出身の有望株たちの今 ~ユヴェントス編~

ユヴェントス
ユヴェントスの下部組織で育った選手たち [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 欧州トップクラブの下部組織で育ち、“期待のホープ”と称された選手たちの現況を紹介するシリーズ。第12回目は、今季からU-23チームを立ち上げるなど、育成面においても新たな試みをスタートさせたユヴェントス編をお届けする。

*2013年以降にクラブの下部組織に在籍した選手を対象とした
*カッコ内は(生年月日/国籍/所属クラブ/ポジション)

写真=Getty Images

■エミル・アウデロ

エミル・アウデロ

(1997年1月18日/イタリア/サンプドリア/GK)
経歴:ユヴェントス→ヴェネツィア(レンタル)→サンプドリア(レンタル)

インドネシア人の父とイタリア人の母のもと、インドネシアで生まれたアウデロ。その後まもなくイタリアに移住すると、11歳のときにユヴェントスの下部組織に入団した。本格ブレイクを遂げたのは昨季のこと。自身初のレンタル移籍でヴェネツィアに加入すると、2部リーグで35試合に出場、U-21イタリア代表デビューも飾った。今季もレンタル先のサンプドリアで正守護神を務めるなど、着実にステップアップを続けている。

■ホルドゥル・マグヌソン

ホルドゥル・マグヌソン

(1993年2月11日/アイスランド/ユヴェントス/DF)
経歴:ユヴェントス→スペツィア(レンタル)→チェゼーナ(レンタル)→ブリストル・シティ→CSKAモスクワ

2011年、母国アイスランドのフラム・レイキャヴィークからユヴェントスの下部組織に加入。2013-14シーズンにはトップチームへの昇格を果たしたが、公式戦での出番はなかった。3シーズンのレンタル移籍を挟んだのち2016年に退団。イングランドでのプレーを経て、今季からCSKAモスクワに所属する。

■ダニエレ・ルガーニ

ダニエレ・ルガーニ

(1994年7月29日/イタリア/ユヴェントス/DF)
経歴:ユヴェントス→エンポリ(レンタル)→ユヴェントス

エンポリの下部組織で本格的にサッカーを始め、2012年にユヴェントスに加入。プリマヴェーラで1年間プレーしたあと、レンタル移籍という形で古巣に戻ると、2014-15シーズンにはセリエAベストイレブンに選出されるほどの活躍を見せた。しかし、ユヴェントスではジョルジョ・キエッリーニとレオナルド・ボヌッチの“ビッグ2”が立ちはだかっており、なかなか出場機会を得られていない。

■フェデリコ・マッティエッロ

フェデリコ・マッティエッロ

(1995年7月14日/イタリア/ボローニャ/DF)
経歴:ユヴェントス→キエーヴォ(レンタル)→SPAL(レンタル)→アタランタ→SPAL(レンタル)→ボローニャ(レンタル)

13歳でユヴェントスに入団すると、2012-13シーズンにはルガーニらと共にコッパ・イタリア・プリマヴェーラを制覇。2014年11月にはトップチームデビューを飾り、クラブの将来を担うDFの一人として注目を集めた。しかし、2度のレンタル移籍を経て、今年1月にアタランタへ完全移籍。その後もSPAL、そして今季はボローニャへ貸し出されるなど、流浪のキャリアを歩んでいる。

■フィリッポ・ロマーニャ

フィリッポ・ロマーニャ

(1997年5月26日/イタリア/カリアリ/DF)
経歴:ユヴェントス→ノヴァーラ(レンタル)→ブレシア(レンタル)→カリアリ

インテルが獲得に乗り出すなか、ユヴェントス入りが決まったのが2011年のこと。その後、プリマヴェーラでキャプテンを務めるなど、将来のリーダー候補として着実な成長を遂げた。しかし、トップチームの壁は厚く、昨年夏にカリアリへ完全移籍。新天地では1年目からリーグ戦23試合に出場するなど主軸の一人として活躍しており、冷静な読みを生かした好守備でチームを支えている。

■ポル・リロラ

ポル・リロラ

(1997年8月13日/スペイン/サッスオーロ/DF)
経歴:ユヴェントス→サッスオーロ(レンタル→完全)

2015年にレンタル移籍という形でエスパニョールからユヴェントスの下部組織に加入。攻撃力のある右サイドバックとしてすぐに頭角を現し、半年後には完全移籍が成立した。しかし、トップチームの分厚い選手層に阻まれ、2016年にサッスオーロへレンタル移籍。1年目からリーグ戦22試合に出場するなど実績を残すと、Uターンすることなく完全移籍が決まった。

■ロジェリオ

ロジェリオ

(1998年1月13日/ブラジル/サッスオーロ/DF)
経歴:ユヴェントス→サッスオーロ(レンタル)

2016年、ブラジルのインテルナシオナルからサッスオーロの下部組織に入団すると、同年にユヴェントスに引き抜かれた。昨年夏には、2年間のレンタルで古巣サッスオーロへ復帰。するとシーズン後半戦以降に定位置を奪取し、2年目の今季は開幕から左サイドバックのレギュラーを務めている。来夏の移籍が噂されるアレックス・サンドロの後釜として、ユヴェントス復帰が濃厚のようだ。

■ワシム・ブーイ

ワシム・ブーイ

(1993年6月11日/オランダ/ズヴォレ/MF)
経歴:ユヴェントス→ブレシア(レンタル)→ハンブルガーSV(レンタル)→パナシナイコス(レンタル)→ズヴォレ(レンタル)→パレルモ(レンタル)→ズヴォレ(レンタル)→リーズ→クルトゥラル・レオネサ(レンタル)→ズヴォレ(レンタル)

U-15からオランダ代表で活躍し、その豊かな将来から「新たなオランダの至宝」と呼ばれた逸材。2012年にアヤックスからユヴェントスのプリマヴェーラへ移籍した際には、同胞の先輩である「エドガー・ダービッツのような選手になりたい」と抱負を語っていたが、トップチームでは1試合の出場にとどまった。レンタル移籍を繰り返したのち、2017年に退団。今季は自身通算8度目のレンタル移籍により、ズヴォレでプレーしている。

■アンドレス・テージョ

アンドレス・テージョ

(1996年9月6日/コロンビア/ベネヴェント/MF)
経歴:ユヴェントス→カリアリ(レンタル)→エンポリ(レンタル)→バーリ(レンタル)→ベネヴェント

2015年に母国コロンビアのエンビガドからユヴェントスに加入。スピードに乗ったドリブル突破と多彩なキックが魅力のサイドアタッカーで、同胞の先輩であるフアン・グアルダードの後継者としても期待を集めた。しかし3度のレンタル移籍を経験したのち、今夏にベネヴェントへ完全移籍。契約には買い戻しオプションがついており、再びトリノに戻ってくる可能性はある。

■ルカ・クレメンツァ

ルカ・クレメンツァ

(1997年7月9日/イタリア/パドヴァ/MF)
経歴:ユヴェントス→アスコリ(レンタル)→パドヴァ(レンタル)

ユヴェントスのプリマヴェーラで10番を背負ったこともある左利きのアタッカー。ケガに苦しんだ時期もあったが、パウロ・ディバラを彷彿とさせるプレースタイルで“未来のスター候補生”として注目を集めている。昨季はセリエBのアスコリにレンタル移籍し、公式戦30試合に出場。今季はパドヴァで2度目の武者修行をすることになり、さらなる成長が期待されている。

■フェルディナンド・デル・ソーレ

フェルディナンド・デル・ソーレ

(写真は今年4月のもの)

(1998年1月17日/イタリア/ペスカーラ/MF)
経歴:ユヴェントス→ペスカーラ(レンタル)→ユヴェントス→ペスカーラ(レンタル)

スピードに乗ったドリブル突破とカットインしてからのシュートを得意とするウインガー。マルコ・ヴェッラッティ(現パリ・サンジェルマン)やロレンツォ・インシーニェ(現ナポリ)などをブレイクさせたズデネク・ゼーマン監督に才能を見出され、昨年8月にペスカーラでプロデビューを果たした。その直後にユヴェントスへの移籍が決定。今季はレンタル移籍という形で古巣に在籍しているが、ゆくゆくはフェデリコ・ベルナルデスキやドウグラス・コスタのような存在になることが期待されている。

■ギド・バダラ

ギド・バダラ

(写真は昨年12月のもの)

(1997年2月8日/アルゼンチン/ウニベルシダ・デ・コンセプシオン/FW)
経歴:ボカ・ジュニオルス→ユヴェントス(レンタル)→ウニオン・デ・サンタフェ(レンタル)→ウニベルシダ・デ・コンセプション(レンタル)

2015年、カルロス・テベスのボカ・ジュニオルス復帰を認める代わりにユヴェントスが要求したのが、有望な若手選手の譲渡だった。そこで指名されたのが、「ネクスト・メッシ」と称されたバダラである。イタリアでの挑戦は決して悪いものではなく、プリマヴェーラで6得点6アシストを記録。しかし、買い取りオプションが行使されることはなく、欧州生活は1シーズンで終わりを告げた。

■アンドレア・ファヴィッリ

アンドレア・ファヴィッリ

(写真は今年7月のもの)

(1997年5月17日/イタリア/ジェノア/FW)
経歴:リヴォルノ→ユヴェントス(レンタル)→アスコリ(レンタル→完全)→ユヴェントス→ジェノア(レンタル)

元イタリア代表FWクリスティアン・ヴィエリを彷彿とさせる大型ストライカーとして、2015年に1年間のレンタルでユヴェントスに加入。翌年にセリエAデビューを飾るなど確かな爪痕を残すと、2部アスコリで得点を量産して、今夏にユヴェントスへの完全移籍を勝ち取った。出場機会を確保するため今季はジェノアでプレーするが、プレシーズンのバイエルン戦で2ゴールを奪うなどポテンシャルの高さは証明済みだ。

■マッティア・ヴィターレ

マッティア・ヴィターレ

(写真は2016年7月のもの)

(1997年10月1日/イタリア/SPAL/MF)
経歴:ユヴェントス→ランチャーノ(レンタル)→チェゼーナ(レンタル)→ヴェネツィア(レンタル)→SPAL(レンタル→完全)

2011年にボローニャからユヴェントスのプリマヴェーラに加入すると、17歳でトップチームデビュー。マッシミリアーノ・アッレグリ監督も「非常に頭の良い選手」と評価するなど、近い将来のブレイクが期待された。しかしその後は伸び悩み、今年1月にレンタル先のSPALへの完全移籍が発表された。

■モイーズ・キーン

モイーズ・キーン

(2000年2月28日/イタリア/ユヴェントス/FW)
経歴:ユヴェントス→ヴェローナ(レンタル)→ユヴェントス

スピードとテクニックを兼備する期待の新星として、2016-17シーズンにトップチームデビュー。2000年生まれの選手としては初となるチャンピオンズリーグ(CL)出場も果たした。ヴェローナへのレンタル移籍を経て迎えた今季はリーグ戦1試合の出場にとどまっているが、11月にA代表デビューを果たすなど、順調にスターへの階段を上っている。

(記事/Footmedia)

下部組織出身の有望株たちの今のバックナンバー

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る