2018.07.20

PSGが依然優位に立つも…ボヌッチ争奪戦にプレミア3クラブも参戦?

ボヌッチ
ボヌッチ獲得にプレミアの強豪たちも興味を示しているようだ [写真]=LightRocket via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ミランのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ獲得に、プレミアリーグの3クラブが関心を寄せているようだ。イギリス紙『デイリー・エクスプレス』が19日に報じている。

 ボヌッチについては、パリ・サンジェルマン(PSG)が早くから獲得に動き、交渉で優位に立っているものと見られる。だが、同紙によるとマンチェスター・C、マンチェスター・U、そしてチェルシーも獲得を画策している模様だ。

 ただし、ボヌッチの移籍はミランのヨーロッパリーグ(EL)出場権はく奪を巡る最終判決に大きく委ねられるという見方が強い。ミランはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)に違反したことで、EL出場権を欧州サッカー連盟(UEFA)にはく奪された。現在、同クラブは処分撤回を求めてスポーツ仲裁裁判所(TAS)に上訴中。その判決が19日に言い渡される予定となっていたが、発表は20日にずれ込んでいる。この判決によって、ボヌッチの去就を巡る動きは一気に動きそうだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
44pt
リヴァプール
42pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
35pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る