2018.07.20

早くもC・ロナウド効果…ユヴェントス、本拠地の年間シートが完売に

クリスティアーノ・ロナウド
C・ロナウド効果でアリアンツ・スタジアムの年間シートが完売に [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユヴェントスは19日、本拠地アリアンツ・スタジアムの2018-19シーズンにおける年間シートが完売となったことを発表した。

 レアル・マドリードから獲得したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの加入効果が早くも現れたようだ。現地時間19日11時発売の年間シートを購入するため、ユヴェントスファンは18日22時から列を作った。昨シーズンの年間シート購入者向けの先行販売分がすでに完売となっていたが、さらに残りの年間シートも19日19時をもってソールド・アウトに。計2万9300席分の年間シートが売り切れとなっている。

 アリアンツ・スタジアムの収容数は4万1507人となっており、通常のチケットの購入も困難が予想される。ユヴェントスは、これまでにないほどの注目を浴びることとなった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る