2018.06.13

アトレティコのサヴィッチ争奪戦が勃発か…ユーヴェとチェルシーが狙う

サヴィッチ
複数クラブからの関心を報じられているアトレティコのサヴィッチ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユヴェントスとチェルシーが、アトレティコ・マドリードに所属するモンテネグロ代表DFステファン・サヴィッチの獲得を狙っているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が12日に報じている。

 報道によると、守備陣の強化を目指すユヴェントスがサヴィッチの獲得を狙っているという。同クラブは今夏の移籍市場で、スイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナーのアーセナル移籍が決定。両選手のポジションは異なるものの、サヴィッチを獲得してDF陣の整備を進めたいと考えているようだ。

 また、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を逃したチェルシーもサヴィッチの獲得を狙っていると伝えられている。新シーズンに向けた戦力補強において、同選手がターゲットに挙げられているようだ。

 サヴィッチは1991年生まれの27歳。2011年からマンチェスター・Cとフィオレンティーナでプレーし、2015年からアトレティコ・マドリードに所属している。2017-18シーズンは公式戦36試合に出場した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る