2018.05.25

2年連続15位のボローニャ、ドナドーニ監督の退任発表「サイクルの終わり」

ドナドーニ
3年に渡ってボローニャを率いたドナドーニ監督 [写真]=NurPhoto via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ボローニャは24日、ロベルト・ドナドーニ監督とスタッフの退任を発表した。

 ドナドーニ監督は2015-16シーズンからボローニャを指揮。セリエAでの順位は14位、15位、15位と推移した。今回の退任発表にあたってジョーイ・サプート会長は「ドナドーニ監督は最高の指揮官だ。我々のクラブに信頼を植えつけてくれた。しかし、彼とそのスタッフは努力をして献身を常に示してくれたが、3年が過ぎてサイクルが終わりを迎えたと思っている。これからも素晴らしいキャリアを築けるように成功を願っている」と、感謝のコメントを残している。

 なお、イタリアメディア『Sky』は、ドナドーニ監督の後任候補を複数列挙。セリエBのヴェネツィアを指揮し、セリエA昇格プレーオフを控えるフィリッポ・インザーギ監督を有力候補に挙げているが、SPALを率いてセリエA残留に導いたレオナルド・センプリチ監督、ベネヴェントの前指揮官であるロベルト・デ・ゼルビ氏、サッスオーロを退任すると見られるジュゼッペ・イアキーニ監督らも候補に浮上していると報じている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る