2018.05.13

ユヴェントス、FWモラタと再契約へ…マンジュキッチの代役か

アルバロ・モラタ
チェルシーのアルバロ・モラタ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユヴェントスが今夏、チェルシーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタの再契約を望んでいるという。イギリスメディア『スカイスポーツ』が12日に報じている。

 セリエAの首位ユヴェントスは今夏の移籍市場で、今月21日に32歳になるクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチを放出し、新たなストライカーを求めているようだ。

 そこで白羽の矢が立ったのがモラタ。同選手は2014年から2016年の2シーズンの間、ユヴェントスで過ごしていた。

ユヴェントス時代のモラタ [写真]=Getty Images

 現在25歳のモラタは、昨夏レアル・マドリードからチェルシーに加入すると、ストーク戦でのハットトリックを含め、今シーズン11得点を挙げている。

 10月のイギリスメディアのインタビューでモラタは、ロンドンには「ストレスが多すぎる」と感じていることを明かし、「僕はここに長く住んでいるとは思っていない」と言及。また、同インタビュー内で、2016年にユヴェントスを離れたことに後悔し「イタリアは最も良い国」とも述べていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
リヴァプール
6pt
チェルシー
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
アタランタ
3pt
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る