2018.04.25

ラツィオ、セビージャのガンソ獲得画策か…今季出場はわずか11試合

ガンソ
ラツィオが獲得を画策しているガンソ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ラツィオが、セビージャに所属する元ブラジル代表MFガンソの獲得を画策していることが分かった。24日、イタリアメディア『tuttomercatoweb.com』が報じている。

 ガンソは今シーズンの公式戦で11試合の出場にとどまっており、出場機会を得ることに苦しんでいる。リーグ戦では、1月6日のリーガ・エスパニョーラ第18節以降、ベンチ入りも果たせず、完全に信頼を失っている。セビージャとの契約は2021年6月30日までとなっているが、今シーズン限りでクラブを離れるとの見方が強まっている。

 移籍先には、母国のグレミオと古巣サントスのほか、欧州のクラブも獲得に名乗りを挙げている模様で、トルコのフェネルバフチェも獲得を検討しているものと見られている。

 ラツィオは既にセビージャ側と接触を果たしており、情報を求めたようだ。移籍金は1000万ユーロ(約13億円)ほどが必要とされているが、レンタルでの獲得も模索しているものと予想されている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
リヴァプール
6pt
チェルシー
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
アタランタ
3pt
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る