2018.03.22

ユヴェントス、選手やスタッフも利用する本格宿泊施設を建設へ

ユヴェントス
ユヴェントスが株式を持つ宿泊施設の建設が決まった [写真]=Nicolò Campo/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユヴェントスのホームスタジアムの近くに、クラブが株式を保有する宿泊施設『Jホテル』が建設されることとなった。イタリア紙『ガッゼッタ・デッロ・スポルト』が20日付で報じている。

 『Jホテル』は138室を擁し、レストランやミーティグルーム、SPA、公園も備える宿泊施設だ。ユヴェントス・フットボールクラブが株式の40パーセントを保有し、残りの60パーセントをエデン・トラベル・グループが持つ。ユヴェントスの本拠地アリアンツ・スタジアムから数百メートルのところに建設予定で、ホテルはユヴェントスのトップチームの選手、スタッフも利用することとなるようだ。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る