2018.03.19

4得点のイカルディ、自身のプレーに「満足している」…代表落選にも言及

マウロ・イカルディ
サンプドリア戦と代表落選について語ったイカルディ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第29節が18日に行われ、インテルは敵地でサンプドリアと対戦し、5ー0と大勝した。4得点を挙げたアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが試合後、イタリアメディア『Sky』のインタビューに応えた。

 イカルディはまず、セリエA通算100ゴールを達成した自身のパフォーマンスとチームの結果に満足していることを明かした。

「100得点に達することを願っていたんだ。それを果たせたね。自分のパフォーマンスには満足しているよ。それでも重要なのはチームの勝利だ。勝ち点3を取ることが重要だった。先週の戦い(前節のナポリ戦、0ー0)では良いパフォーマンスを見せていたからね。これで落ち着いてリーグの休止期間を迎え、より良く練習することができるよ」

 続けてイカルディは、3月の国際親善試合に臨むアルゼンチン代表に招集されないことについても以下のように言及し、不満が無いことを明らかにした。

「招集されないことは知っていたんだ。話し合いをしていたからね。他の選手にチャンスが与えられることは当然だと思う。自分は(インテルで)4試合を欠場した。代表に招集されなかったことは正しかったと思っている。それに招集するか否か決断するのはサンパオリ監督だ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る