2018.03.17

ユヴェントスがマンUのFWマルシャルに関心…副会長が代理人と会合か

アントニー・マルシャル
ユヴェントスが関心を抱いているとされるマルシャル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユヴェントスは、マンチェスター・Uに所属するフランス代表FWアントニー・マルシャルの獲得に本腰を入れたようだ。16日、イギリス紙『ザ・サン』が報じた。

 マルシャルは、2015年にモナコからマンチェスター・Uに加入。加入当時は、10代のサッカー選手として最高額の移籍金で移籍したことや、元フランス代表FWティエリ・アンリ氏と比較され、“アンリ2世”と呼ばれていたこともあって大きな注目を集めていた。

 鳴り物入りで加入した同選手は今シーズンも出場回数を増やしているが、チリ代表FWアレクシス・サンチェスの加入でスカッドが充実し、ローテーションでの起用に不満を抱いているという。

 同紙によると、現在22歳の同選手に対して、ユヴェントスが本気で獲得を目指し、ユヴェントスの副会長を務めるパベル・ネドベド氏がロンドンのホテルでマルシャルの代理人と会合を開いたようだ。ゼネラルマネージャーを務めるジュゼッペ・マロッタ氏も高く評価しているといわれている。

 序列の低下が懸念されている同選手の引き抜きには6000万ポンド(約89億円)ほどの移籍金がかかると同紙は報じている。2019年までと、契約期間を約1年残しているマルシャルは、果たして現イタリア王者へと移籍するのだろうか。去就に注目が集まっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
75pt
シャルケ
55pt
レヴァークーゼン
51pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
64pt
欧州順位をもっと見る