2018.02.08

アーセナル、今季終了後に守備強化に着手へ…マノラスとルガーニを狙う

マノラス、ルガーニ
アーセナルの補強候補に報じられたマノラス(左)とルガーニ(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセナルが、ローマに所属するギリシャ代表DFコスタス・マノラスの獲得に動く可能性があるようだ。イギリス紙『デイリー・スター』が7日に報じた。

 同紙によると、アーセナルは今夏の移籍市場で守備陣の強化に着手するという。マノラスだけでなく、以前から報じられているユヴェントスのイタリア代表DFダニエレ・ルガーニの獲得にも動くようで、セリエAから2人のセンターバックを加入させたいと考えているようだ。

 マノラスは昨年夏の移籍市場で、ロシアのゼニト移籍へあと一歩まで迫った経緯がある。条件次第ではあるが、ローマが交渉に応じる可能性は十分に高いと見られている。一方のルガーニもコンスタントに出場機会を得られておらず、移籍実現の可能性はあると見られている。

 今冬の移籍市場ではドルトムントからガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンを獲得したアーセナル。プレミアリーグ第26節終了時点で35失点を喫している守備陣の強化に向けて、今シーズン終了後に動きを見せるようだ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る