2018.01.05

「普通ならできない」決断…長友佑都、海外挑戦の井手口にエール

長友佑都、井手口陽介
長友佑都(左)が井手口陽介(右)にエール [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 インテルに所属する日本代表DF長友佑都が5日、自身のTwitter(@YutoNagatomo5)を更新。イングランド2部(チャンピオンシップ)のリーズへの移籍合意が発表されたガンバ大阪の日本代表MF井手口陽介にエールを贈った。

 日本代表で井手口とともにプレーする長友は、「この時期に海外挑戦する井手口陽介の決断って普通ならできない。W杯まで半年で、言葉もわからない異国の地に挑戦する。もうすでにW杯より先にある自分に挑戦してる。普通じゃないから、先を行く」と、2018 FIFAワールドカップ ロシアを前に海外挑戦を決断した井手口にエールを贈り、以下のように続けている。

「こういう強い信念とサッカー人生に腹くくった若手がどんどん出てきてほしい」

 現在21歳の井手口は、G大阪の下部組織出身。高校2年生ながら2014年に“飛び級”でトップチームに昇格し、2015年4月にJ1デビューを果たした。2016年にはJリーグYBCルヴァンカップではニューヒーロー賞を受賞。また、同年のJリーグベストヤングプレーヤー賞にも輝いた。

 2017シーズンは明治安田生命J1リーグで30試合に出場して4得点を記録。日本代表としては、6月に行われたキリンチャレンジカップのシリア戦でA代表デビューを果たし、8月31日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア最終予選のオーストラリア戦では得点を挙げ、日本の6大会連続となるW杯出場に貢献した。EAFF E-1サッカー選手権2017 決勝大会の北朝鮮戦でも、試合終了間際に貴重な得点を挙げるなど、存在感を発揮している。

 リーズの発表によると、井手口は来週に渡英してメディカルチェックを受ける予定。リーズ加入決定後はリーガ・エスパニョーラ2部のクルトゥラル・レオネサへレンタル移籍で加入することが併せて発表されている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る