2017.12.22

不調続くミラン、ウディネーゼの新星MFが救世主に? 幹部がすでに接触か

ヤンクト
昨シーズン、大ブレイクを果たしたヤンクトにミランが関心を寄せているようだ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ミランが、ウディネーゼに所属するチェコ代表MFヤクブ・ヤンクトの獲得に動いているようだ。イタリア紙『Sky』が21日付で報じている。

 報道によると、今シーズン序盤から未だ不調を脱せずにいるミランが中盤の強化を目指し、ウディネーゼで好プレーを披露するヤンクトに白羽の矢を立てた模様。すでにマッシミリアーノ・ミラベッリSD(スポーツディレクター)が、今冬の獲得交渉のために同選手の代理人を務めるジュゼッペ・リッゾ氏に接触したという。

 今夏にはミランのほか、アーセナルやストークなどのプレミア複数クラブからも関心を集めたヤンクトは、2014年に母国のスラヴィア・プラハU-19からウディネーゼU-19に加入。昨シーズンにトップチームデビューを果たすと、セリエAで29試合に出場し、5ゴール4アシストと大ブレイク。今シーズンはすでに15試合に出場し、3ゴールを記録している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング