2017.12.17

クラブ通算最多記録に並んだハムシク…英メディアが“英雄”の記録と比較

ハムシク マラドーナ
かつてナポリを牽引したマラドーナ(右)と現在チームを引っ張るハムシク(左) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ナポリに所属するスロヴァキア代表MFマレク・ハムシクがトリノ戦で同クラブ通算115ゴールを決め、元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナと記録で並んだ。これを受けイギリスメディア『BBC』は、二人のナポリでの成績を比較した。

 前節フィオレンティーナに引き分けたナポリは第17節のトリノ戦に3-1で快勝し、セリエAで首位に浮上している。チームの3点目を奪ったハムシクは、ナポリでの通算ゴールランキングでトップに並び、“英雄”マラドーナと肩を並べることになった。

 マラドーナはナポリに2回のセリエA優勝をもたらしたのに対して、ハムシクが加入して以降のナポリはリーグ戦でタイトルを取れていない。また、マラドーナが7年間で259試合の公式戦に出場したのに比べて、ハムシクは10年目となる今年に464試合出場を達成している。

 リーグタイトル数ではマラドーナに軍配は上がるものの、もし今シーズンにナポリが28年ぶりとなるリーグタイトルを取れたならば、ハムシクの評価はまた上がることになるかもしれない。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る