2017.12.14

ナポリ、起用法に不満のジャッケリーニが退団か…キエーヴォが有力候補

ジャッケリーニ
ジャッケリーニの移籍先の有力候補にはキエーヴォが挙がっている [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ナポリに所属する元イタリア代表FWエマヌエレ・ジャッケリーニが、今冬の移籍市場で退団する可能性が高いようだ。イタリアメディア『トゥットメルカート』が13日に報じた。

 ジャッケリーニは今シーズン、セリエA、チャンピオンズリーグ(CL)ともに4試合の出場を果たすも、ピッチに立った時間はトータルで120分に留まっている。このため、本人は起用法に不満を抱いており、移籍を志願しているようだ。

 移籍先についてはキエーヴォが有力となっている模様。ナポリは今夏の移籍市場で、そのキエーヴォからイタリア人FWロベルト・イングレーゼを獲得し、レンタルで同クラブにそのまま残らせている。同選手を今冬の移籍市場で加入させるために、ジャッケリーニを移籍オペレーションに加えることで、獲得を実現させる構えのようだ。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る