2017.12.13

格下に苦戦のインテル指揮官「相手が勝利に値したのかもしれない」

スパレッティ
格下相手に苦戦したことを嘆いたスパレッティ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 コッパ・イタリアのベスト16が12日に行われ、インテルはセリエCのポルデノーネと対戦し、延長戦を終えて0-0と決着がつかず、PK戦の末に5-4とかろうじて勝利を収めた。

 格下を相手に思わぬ苦戦を強いられたルチアーノ・スパレッティ監督の試合後のインタビューを『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。

「選手はいつものレベルでプレーできず、困難に陥っていた。相手がピッチの中央で、クオリティーの高さを示したからだ」と、敗者のかのように落胆した。

 さらに「個人個人で試合を決めてやろうとしてしまったため、混乱を招いてしまった。精神的な面で混乱してしまった。監督が正しく仕事を果たせなかったということだ。もっとパスをつないで勝利を目指す必要があった。後半と延長戦は良い戦いを見せたが、相手が上手く守っていた。恐らく相手が勝利に値したのかもしれない。我々は彼らを称えなければいけない」とポルデノーネが勝利にふさわしかったとの見解を述べ、健闘を称えている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る