2017.12.11

セリエAで52年ぶりの珍事! 上位4チームすべてがスコアレスドロー

インテル
セリエAで珍しい記録が生まれた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエAで珍しい記録が生まれたようだ。

 9日から11日にかけて行われているセリエA第16節で、優勝を争う4チームすべてが無得点という結果に終わった。10日付けのイタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、インテル、ナポリ、ユヴェントス、ローマの4チームが無得点で引き分けだったのは1965-66シーズンの第17節以来。実に52年ぶりの珍記録だそうだ。

 首位インテルは3位ユヴェントスとの“イタリア・ダービー”でスコアレス。2位ナポリはフィオレンティーナと本拠地で戦い0-0のドロー、4位ローマはキエーヴォと対戦しこちらも0-0の引き分けで試合を終えた。

 なお、1965-66シーズンの第17節はインテルがナポリとスコアレスドロー。ユヴェントスはサンプドリアと、ローマはヴァレーゼ(現在セリエD)とそれぞれ無得点で引き分けた。また、この節ではラツィオ対フィオレンティーナもスコアレスドローだった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
75pt
シャルケ
55pt
レヴァークーゼン
51pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る