2017.11.21

退任要求の高まり受け…伊サッカー連盟のタヴェッキオ会長がついに辞任

タヴェッキオ
辞任を発表したタヴェッキオ会長 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イタリアサッカー連盟(FIGC)のカルロ・タヴェッキオ会長が20日、辞任を表明した。イタリア紙『ラ・スタンパ』が報じている。

 イタリア代表の2018 FIFAワールドカップ ロシア欧州予選敗退を受けて、ジャンピエロ・ヴェントゥーラ前監督の任命責任を巡り、同会長の退任を望む声が次第に強まっていた。敗退直後には、辞任を拒否し、自らイタリアのサッカーを立て直すことに意欲を示していたが、20日に開かれた連盟の総会でついに辞任を表明した。

 イタリアサッカー選手会会長の元イタリア代表MFダミアーノ・トンマージ氏も「もしタヴェッキオ会長が続投するのであれば、イタリアの再スタートは難しい。イタリアサッカーは、これまでとは何か違うものが必要だ」と主張するなど、連盟内や各主力クラブの会長にも退任を要求する声が多く、自ら辞任の道を選ぶこととなった。

 イタリア代表はこれで、ヴェントゥーラ監督とタヴェッキオ会長のトップが退任となり、再建に向けて文字通りゼロからの出発を果たすことになる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る