2017.11.07

現役引退のピルロ…ブッフォン「唯一無二」、バロテッリ「あと10年やれる」

ピルロ
現役を引退したピルロ。2006年にはW杯を制した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元イタリア代表MFアンドレア・ピルロが5日、自身のSNSで現役引退を表明した。22年間のキャリアに幕を下ろした“マエストロ”に、サッカー界から続々とメッセージが送られている。

 ユヴェントスやイタリア代表の元チームメイトで、自身も今シーズン限りで引退する可能性を明かしているGKジャンルイジ・ブッフォンは、Twitterで「アンドレアとプレーしたら、誰もが“唯一無二”という言葉を理解するだろう。クオリティ、優雅さ、謙遜を兼ね備えたチャンピオンだ」とコメント。

 昨シーズン限りで引退した元イタリア代表FWのフランチェスコ・トッティ氏は、Twitterで「君と一緒に、そして君を対戦相手にプレーできたのは光栄なことだ」とピルロのアカウントに返信した。

 ミランやイタリア代表で元同僚のアレッサンドロ・ネスタ氏はinstagramで「また天才が1人、シューズを脱いだ。偉大なる選手であり、偉大なる男にして、偉大なる友人だ」とつづった。

 また、イタリア代表でともにプレーしたニースのFWマリオ・バロテッリはinstagramで「唯一無二の独特なフェノメノン。君とプレーできたのは名誉だ。ありがとう、アンドレア! P.S.まだあと10年はプレーできると思うよ」とメッセージを送った。

 また、古巣のユヴェントスはTwitterで「君とともに旅ができて光栄だ。ありがとう、マエストロ」とコメントし、別の投稿では壮大なプレー動画も掲載。さらに、ユヴェントスに所属するイタリア代表DFアンドレア・バルザーリやアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラらもメッセージを送っている。

 その他、元イタリア代表DFのファビオ・カンナヴァーロや、ニューヨーク・シティFCで同僚だったスペイン代表FWダビド・ビジャ、ミランで同僚だった元ブラジル代表FWカカなどがSNSでメッセージを投稿。ミランやイタリア代表はピルロの輝かしい経歴を掲載している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る