2017.03.11

バルサに大逆転負けのパリSG、新監督候補に元インテルのマンチーニ氏浮上

マンチーニ
パリSGの新指揮官候補に挙げられたマンチーニ氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグで1-6と大敗を喫し、バルセロナに大逆転での準々決勝進出を許したパリ・サンジェルマン。早くも次期監督人事が取り沙汰され、候補に元インテル指揮官のロベルト・マンチーニ氏が浮上しているようだ。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が9日に報じている。

 バルセロナとのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグで、4-0と快勝したパリ・サンジェルマン。準々決勝進出は確実と思われたが、セカンドレグでは1-6と大敗を喫し、まさかの敗退となった。

 報道によると、2018年6月30日まで契約を結んでいるウナイ・エメリ監督の退任説も浮上しているという。後任候補にはマンチーニ氏の名が挙がっている模様だ。ローラン・ブラン前監督の退任時にもマンチーニ氏は候補に挙げられていた。そのため、今回の歴史的逆転敗退を演じてしまったパリ・サンジェルマンの指揮官候補に名を連ねることとなった模様だ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る