2017.02.17

17歳のC・ロナ、マンUではなくユーヴェ加入目前だった…移籍不成立の理由は?

クリスティアーノ・ロナウド
2003年夏にマンUへ加入したC・ロナウド [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、ユヴェントス移籍に迫った過去があるようだ。イギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 C・ロナウドは2003年夏、スポルティングからマンチェスター・Uに移籍。同クラブで2009年夏までプレーし、2009-10シーズンからレアル・マドリードに所属している。

 マンチェスター・Uとレアル・マドリードで華々しい活躍を見せてきたC・ロナウドだが、ユヴェントス移籍に迫った過去があるようだ。今回の報道によると、マンチェスター・Uに加入した2003年夏よりも前に、ユヴェントスへの移籍決定が目前となっていたという。

 2001年からユヴェントスの幹部を務めていたジャンニ・ディ・マルツィオ氏は「私がユヴェントスで仕事をしていて、彼(C・ロナウド)が18歳の時だった」と、当時を回想している。

「私はクラブ(ユヴェントス)に電話をかけて、“世界最高の選手になるかもしれない、(ディエゴ)マラドーナの後のサッカー界で最高の選手になるかもしれない”人物を見つけたと報告したんだ」

「私は交渉をして、2002年(当時、C・ロナウドは17歳)にトリノへ彼を連れてきた」

 しかし、C・ロナウドのユヴェントス移籍は成立しなかった。同選手の獲得交渉には、チリ代表FWマルセロ・サラスのトレードが盛り込まれていた。マルツィオ氏によると、サラスはユヴェントス退団に同意せず、C・ロナウドの移籍交渉は破談となったという。

 マンチェスター・U移籍後のキャリアを見れば、マルツィオ氏の見立ては正しかったと言えるだろう。ユヴェントスにとっては、悔やんでも悔やみきれない獲得失敗となったかもしれない。

欧州リーグ順位表

チェルシー
93pt
トッテナム
86pt
マンチェスター・C
78pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る