2017.01.09

ミラン、苦しみながらも終盤のバッカ弾で新年白星スタート…本田は出番なし

ミラン
セリエA第19節でミランとカリアリが対戦した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第19節が8日に行われ、日本代表MF本田圭佑所属のミランとカリアリが対戦した。

 ミランは2016年最終戦となったスーペルコッパ・イタリア2016でPK戦の末にユヴェントスを破り、いい形で1年を締めくくった。2017年初戦も白星を挙げて、好スタートを切りたいところだ。本田はベンチスタートとなり、FWエムバイェ・ニアンやFWスソ、FWカルロス・バッカらが先発起用された。

 積極的な立ち上がりを見せたミランは開始2分、ペナルティエリア内中央でボールを受けたバッカが反転から右足でシュートを放ったが、ここはゴール右に外れた。

 16分にはニアンがミドルレンジから右足を振り抜いたが、ここも枠を捉えることができない。さらに28分、エリア手前左の好位置でFKを獲得すると、ジャコモ・ボナヴェントゥーラが狙ったが、わずかに枠の左へ逸れた。

 前半はこのままスコアレスで折り返す。

 後半に入り68分、カリアリはミドルシュートのこぼれ球に反応したマウリシオ・イスラがシュートを流し込んでネットを揺らしたが、ここはオフサイドの判定で得点とはならなかった。

 ミランは79分にマリオ・パシャリッチを下げてジャンルカ・ラパドゥーラを投入し、ゴールを目指す。すると終盤の88分、エリア内で粘ったラパドゥーラからのパスをバッカがゴール左に蹴り込み、待望の先制点となった。

 試合はこのまま終了し、1-0で勝利を収めたミランが2017年白星スタートを切った。

 次節、ミランは16日に敵地でトリノと、カリアリは15日にホームでジェノアと対戦する。

【スコア】
ミラン 1-0 カリアリ

【得点者】
1-0 88分 カルロス・バッカ(ミラン)

欧州順位ランキング

チェルシー
69pt
トッテナム
59pt
マンチェスター・C
57pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
62pt
ライプツィヒ
49pt
ドルトムント
46pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
65pt
バルセロナ
63pt
セビージャ
57pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
73pt
ローマ
65pt
ナポリ
63pt
欧州順位をもっと見る