2017.01.08

インテルが2017年白星発進…ペリシッチ2発で逆転、リーグ戦4連勝達成

インテル
ゴールを喜ぶインテルの選手たち [写真]=Inter/Inter via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第19節が8日に行われ、ウディネーゼと日本代表DF長友佑都所属のインテルが対戦した。

 2017年に入り、再開を迎えたセリエA。10位ウディネーゼはここ4試合で3勝1分け、対する7位インテルもリーグ戦3連勝中と調子は上向きで、互いに上位浮上を狙ううえでも勝って新年をスタートさせたいところだ。なお、長友は3試合連続でベンチスタートとなった。

 最初にチャンスを作ったのはホームのウディネーゼ。6分、セコ・フォファナがミドルレンジから強烈なシュートを放ったが、ここはGKサミール・ハンダノヴィッチがなんとか凌いだ。

 試合が動いたのは17分。敵陣中央をドリブルで突破したサミールからスルーパスを受けたヤクブ・ヤンクトが左足のシュートをゴール右隅に突き刺し、ウディネーゼが先制に成功した。

 その後もウディネーゼが主導権を握る時間が続いたが、追加点を奪うには至らない。すると前半アディショナルタイム2分、インテルはエリア内左でボールをキープしたマウロ・イカルディがグラウンダーで折り返したボールをイヴァン・ペリシッチが左足ダイレクトでシュート。これがゴール左に決まり、1-1の同点に追い付いてハーフタイムを迎えた。

 後半に入るとインテルが押し気味にゲームを進めるが、なかなか決定機を作ることができない。72分にはエリア手前正面の好位置でFKを獲得したが、ペリシッチが放ったシュートは枠の左に外れた。

 終盤に差し掛かった82分、インテルは右からのクロスをGKが弾いたところにジョアン・マリオが反応。右足ダイレクトで狙ったが、カバーに入ったDFにブロックされ、得点とはならなかった。

 決定機を逃したインテルだが87分、右サイドでFKを得ると、J・マリオのクロスをファーサイドのペリシッチが頭で合わせる。このシュートがゴール右に吸い込まれ、逆転に成功した。

 試合はこのまま2-1でタイムアップを迎え、敵地で逆転勝利を収めたインテルが2017年白星スタートを切るとともに、リーグ戦4連勝を達成した。なお、ベンチ入りした長友に出番はなかった。

 次節、ウディネーゼは15日にローマと、インテルは14日にキエーヴォとそれぞれホームで対戦する。

【スコア】
ウディネーゼ 1-2 インテル

【得点者】
1-0 17分 ヤクブ・ヤンクト(ウディネーゼ)
1-1 40+2分 イヴァン・ペリシッチ(インテル)
1-2 87分 イヴァン・ペリシッチ(インテル)

欧州順位ランキング

チェルシー
69pt
トッテナム
59pt
マンチェスター・C
57pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
62pt
ライプツィヒ
49pt
ドルトムント
46pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
65pt
バルセロナ
63pt
セビージャ
57pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
73pt
ローマ
65pt
ナポリ
63pt
欧州順位をもっと見る