2016.10.27

イカルディの決勝点生んだプレーを称賛 伊紙、フル出場の長友に高評価

長友佑都
イカルディ(中央)の決勝点に繋がるプレーで貢献したDF長友佑都(左) [写真]=Inter via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第10節が26日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルとトリノが対戦。長友は左サイドバックのポジションでフル出場を果たし、インテルは2-1でリーグ戦5試合ぶりの勝利を収めた。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。フル出場した長友には「6.5」と高評価を与えた。(最低1点、最高10点)

 寸評では「スペースを上手く埋めた。イアゴ・ファルケがスペースを得ることは一度もなく、良く走り、ボールを生かした。そこからイカルディの素晴らしいゴールが生まれている」と記された。インテルの決勝点は88分に生まれたが、アルゼンチン人FWマウロ・イカルディの得点に繋がった、左サイドのライン際でボールを残した長友のプレーを称えた。

 なお、インテルの最高点は2ゴールを挙げたイカルディの「7.5」、最低点は元アルゼンチン代表DFクリスティアン・アンサルディで「5」だった。

 リーグ戦5試合ぶりの勝利を収め、順位も暫定10位まで浮上したインテル。次節は30日、敵地でサンプドリアと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
75pt
シャルケ
55pt
レヴァークーゼン
51pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
64pt
欧州順位をもっと見る