2016.07.18

モチベ低下?…プレミア移籍が噂のローマDF、同僚から態度に不満の声

マノラス
モチベーションの低下が懸念されるローマのDFマノラス(写真は3月のCLレアル・マドリード戦) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ローマに所属するギリシャ代表DFコンスタンティノス・マノラスのモチベーションが低下しているようだ。17日付けのイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 マノラスはローマとの契約延長と給与の増額を望んでいるが、ローマ側が交渉に慎重な姿勢。その一方で、放出の意思がないことも選手に伝えていると報じられている。

 同紙によれば、マノラスが練習でモチベーションの低さを露呈していることに、同僚からも不満の声が上がっているという。オランダ代表MFケヴィン・ストロートマンがトレーニング中にマノラスの態度の悪さに激怒し、「彼を外してくれ!」と周囲に訴えた模様だ。自身を取り巻く状況の不透明さからか、マノラスは気持ちを保てていないのだろうか。

 同選手の獲得にはアーセナルやチェルシーなど、プレミアリーグからの関心が伝えられている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る