2016.05.30

トリノ退任のヴェントゥーラ氏が有力か…伊代表新監督、6月7日に発表へ

ヴェントゥーラ
5年間に渡ってトリノを率いてきたヴェントゥーラ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イタリアサッカー連盟(FIGC)のカルロ・タヴェッキオ会長は29日、イタリア代表の新監督を6月7日に発表すると明かした。

 イタリア代表はユーロ2016後にアントニオ・コンテ監督が退任することがすでに決まっている。新監督の人事に注目が集まる中、タヴェッキオ会長はイタリアメディア『Sky』のインタビューにて「連盟の会議が行われる6月7日に発表する。しかし、(ジャンピエロ)ヴェントゥーラが指揮官になるかはわからない。なるようになる」と話し、発表の日程を明かしながらも、監督候補の明言は避けている。

 だが、同メディアによると、トリノの指揮官を退任したヴェントゥーラ氏がイタリア代表監督に就任する可能性が高い模様だ。連盟内では、サンプドリアのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督を推す声もあるようだが、それでも最終的にはヴェントゥーラ氏が監督に就任するとの見方が強まっている。

 なお、元イタリア代表監督のマルチェロ・リッピ氏のテクニカルディレクター就任も6月7日に発表されると伝えられている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る