2016.05.11

インテル、指揮官留任が濃厚に…ミラン前監督が後任候補との報道も

マンチーニ
来季の留任が濃厚と報じられたマンチーニ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルのロベルト・マンチーニ監督が、来シーズンも指揮を執る可能性が高まっている。イタリアメディア『Sky』が10日に報じた。

 報道によると、マンチーニ監督が残留する可能性は80パーセント。同監督は就任1年目の今シーズン、セリエA残り1試合時点で4位フィニッシュが確定。チャンピオンズリーグ出場権を逃し、来シーズンはヨーロッパリーグに出場することとなった。

 マンチーニ監督は来シーズンも指揮を執る可能性が高いと報じられている一方、仮に退任となった場合の後任候補も取り沙汰されている。報じられているのは、今シーズン途中にミラン指揮官を解任されたシニシャ・ミハイロヴィッチ氏が就任する仰天プランだ。

 2006年にインテルで現役を引退したミハイロヴィッチ氏は、同年に同クラブの助監督に就任。マンチーニ監督の右腕として指導者のキャリアをスタートしている。以降はボローニャやフィオレンティーナ、セルビア代表、サンプドリアなどの指揮官を歴任。今シーズンからミランを率いていたが、4月に解任された。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る