2016.05.02

本田は「良かった選手の一人だが」…ミラン指揮官「交代は正しかった」

本田圭佑
フロジノーネ戦では64分に交代となった本田圭佑 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランは5月1日、降格圏内の19位に沈むフロジノーネとセリエA第36節で対戦し、ホームで3-3と引き分けた。ミランは勝ち点1を上積みするにとどまり、7位に後退した。

 ミランのクリスティアン・ブロッキ監督は試合後、記者会見に臨んでコメントを残した。イタリアメディア『Tuttomercatoweb.com』が伝えている。

 19位と低迷する相手にホームで引き分けという結果に終わり、ブロッキ監督は「満足はしていない。ただ結果を除けば、内容については今までの中で最も良かった。何かしらプラス(の要素)はあり、それは数字を見れば十分だろう」と、収穫があったことを強調。「ミランがシグナルを発した試合だった。特別な危険に苦しんだわけではない。相手は4本のシュートで3点を決めたんだ。我々は今までの試合とは違い、多くのチャンスを作った。(4月21日の第34節)カルピ戦では決定力の問題があったが、今日は貪欲な部分が見えた。クロスバーを2本のシュートが叩き、少なくとも8回の決定機があった」と続けた。

 そしてブロッキ監督は、64分に途中交代した日本代表FW本田圭佑についても言及。「しかるべき選択が必要な場合がある。本田が悪かったわけではなく、もっと敵陣深く攻めるためにFWが必要だった。交代したことで同点とすることができたのだから、交代は正しかった。本田は良かった選手の一人だが、監督という者は決断をしなければならない」と語り、本田のプレーに一定の評価を示しつつ、交代の正当性も強調している。

 ミランは次節、7日にボローニャとのアウェーゲームに臨む。

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング