FOLLOW US

ミラン名誉会長、17歳守護神ドンナルンマは「今後15年プレーする」

ミランで定位置を掴んでいるドンナルンマ [写真]=Getty Images

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランのシルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長は3月31日、U-21イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマの同クラブ残留を明言した。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が3月31日に伝えている。

 ベルルスコーニ名誉会長は、イタリアのラジオ局『ラディオ・ラディオ』のインタビューに応じ、「リスナーの方々の関心に答えようじゃないか。ドンナルンマはこれからの15年、ミランでプレーする。移籍リストには(名前は)ない」と話し、17歳の若さでレギュラーポジションを掴んでいる同選手を放出する意思がないことを明かした。

 ドンナルンマは昨年10月25日に行われたセリエA第29節のサッスオーロ戦でセリエAデビューを果たし、以降は20試合連続でフル出場。今年3月13日の第29節キエーヴォ戦では相手選手との交錯で頭部を強打し、自ら交代を要求してピッチを後にしたが、20日の第30節ラツィオ戦ではフル出場を果たしている。

 ミランでレギュラーとして活躍するドンナルンマは、U-21イタリア代表にも選出。3月24日に行われたU-21欧州選手権予選のアイルランド戦の先発メンバーに名を連ね、17歳28日での出場を記録。ユヴェントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが持っていた、17歳10カ月22日の最年少出場記録を更新した。市場価値は4000万ユーロ(約51億円)に達するとも言われている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO