2015.11.04

シェフチェンコ氏、古巣ミランの復活を確信「以前のように強くなる」

現役時代ミランでプレーしたシェフチェンコ氏(写真は2006年) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランで、かつてプレーしていたアンドリー・シェフチェンコ氏が、古巣の現状についてコメントした。3日付のイタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 現役時代、1999年から2006年までミランでプレーしたシェフチェンコ氏。セリエA得点王に2度輝き、スクデットやチャンピオンズリーグ制覇など、ミランのタイトル獲得に貢献した。

 シェフチェンコ氏は、今のミランについて「ここ5シーズンのミランはとても難しい状況にある。クラブは移行期にあり、フロントはプロジェクトに合う監督や選手たちを探している」と話し、現在のチームは発展途上だとの考えを示した。

 また、「サッカーでは、困難な時期を経てからトップに戻るのは簡単ではない。でも、この25年くらいで、ミランは世界で最も成功しているクラブの1つだ。マンチェスター・Uやチェルシー、バルセロナ、レアル・マドリード、バイエルンのようにね。僕は、ミランがこの移行期を乗り越え、すぐに以前のように強くなると信じているよ」と続け、再び世界のトップクラブに戻れると確信した。

 チームを率いるシニシャ・ミハイロヴィッチ監督について問われると、「とても優れた指揮官だ。勝つために何をすべきか分かっているし、経験もあって強い性格を持っているから、それが助けになるだろう」と評し、ミラン再建に理想的な監督だという見解を示した。

 ミランは現在リーグ戦3連勝中で、11試合を終えて勝ち点19の6位につけている。次節は7日、アタランタをホームに迎える。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る