2015.10.25

今季初の先発フル出場…伊紙は長友に厳しめ評価も「復調の兆し」

長友佑都
今季初の先発フル出場を果たした長友佑都(中央) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第9節が24日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルは敵地でパレルモと対戦し、1-1で引き分けた。



 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。今シーズン初の先発フル出場を果たした長友に対し、「5.5」とやや低い評価を与えた。(最低点1、最高点10)

 同紙は、「(アシュラフ)ラザールの対応に苦しむ。(フレディ)グアリンとともに右サイドからの連携はあまりにも雑。後半には低調ぶりから抜け出すいくつかの兆しが見られた」と寸評している。

 4試合白星なしとなったインテルでは、チーム最高点が先制点を演出したFWジョナタン・ビアビアニーの「7」。最低点は、マウロ・イカルディの「5」となった。

 次節、インテルは敵地でボローニャと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る