2015.08.25

長友、一転してインテル残留か…サンプドリアは代役確保で撤退へ

長友佑都
一転して残留が噂される長友 [写真]=Inter/Getty Images

 移籍が噂されるインテルの日本代表DF長友佑都が、一転して同クラブへ残留する可能性が高まった。24日、イタリアメディア『FCInternews.it』など各メディアが報じている。

 これまで長友はチームを率いるロベルト・マンチーニ監督から信頼を得ることができず、ガラタサライ、サンプドリア、ジェノアなど複数クラブへの移籍が報じられてきた。しかし、現在まで移籍は実現しておらず、このまま残留する可能性が高まったという。

 イタリアメディア『スカイ・イタリア』によると、移籍が有力視されてきたサンプドリアは、同じ左SBの候補としてユヴェントスのDFパオロ・デ・チェリエの獲得に動いており、同選手の移籍は決定的だという。

 また、同じく両SBでプレーするDFダニーロ・ダンブロージオがマルセイユへ移籍する可能性が浮上し、同選手が移籍した場合は長友が残留するという。

 様々な移籍の噂が報じられながら、一転して長友のインテル残留が見えてきた。しかし、今のところ残留したとしても厳しい立場は変わらず、指揮官に上手くアピールができなければ、困難なシーズンを過ごすことになりそうだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る