2015.08.24

退場者出て途中交代も…伊紙、本田の貢献を評価「惜しみないプレー」

本田圭佑
退場者が出たため前半の内に交代となったミランFW本田圭佑 [写真]=Getty Images

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランは、23日に行われたセリエA開幕節でフィオレンティーナと対戦し、0-2で敗れた。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が同試合の採点と寸評を発表している。



 トップ下で開幕スタメンを勝ち取った本田だったが、退場者が出たため前半の39分に交代となった。同紙は本田に、「5.5」の採点(最高点10、最低点1)をつけ、「かなり下がってボールをもらっていた。それは、本田の惜しみないプレーとミランがラインを押し上げることの難しさの現れだった。退場者が出て交代の犠牲を払うことに」と記している。

 なお、チームの最高点は、元スペイン代表GKディエゴ・ロペスの「7」で、最低点は退場となったU-23ブラジル代表DFロドリゴ・エリーの「4」。また、PKでチーム2点目を決めたフィオレンティーナ所属のスロヴェニア代表MFヨシップ・イリチッチが試合全体の最高点「7.5」を受けている。

 ミランは次節、ホームでエンポリと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る