FOLLOW US

ナポリの新指揮官は前エンポリのサーリ氏…元銀行員という異色のキャリア

ナポリの新指揮官に就任したサーリ氏 [写真]=Getty Images

 ナポリは11日、新指揮官にマウリツィオ・サーリ氏が就任したことをクラブ公式HP上で発表した。契約は2016年6月30日までの1年で、さらに1年間の契約延長のオプションが加わると伝えられている。

 ナポリは、レアル・マドリードの新監督に就任したラファエル・ベニテス前監督が6月30日をもって退任。その後、サーリ氏と交渉を開始したものの、フィオレンティーナとの契約を解除したヴィンチェツォ・モンテッラ氏の就任の可能性も取り沙汰されていたが、最終的には以前から交渉を進めていたサーリを新監督に招へいすることで決着した模様だ。

 元銀行員という異色のキャリアを持つサーリは、1990年に監督業をスタート。アマチュアクラブだったサンソヴィーノを3年間で、エッチェレンツァ(6部リーグに相当)からC2(4部リーグに相当)に昇格させ、成功を勝ち取った。その後は、セリエBやレーガ・プロ・プリマ(3部リーグに相当)でキャリアを築き、12年から指揮していたエンポリをセリエAに昇格させ、55歳にして初めてトップリーグを指揮する挑戦権を獲得。

 14-15シーズンはセリエAで、15位と予想を大きく上回る成績を収めていた。だが4日に2年間の契約を残し、エンポリと合意の下で契約を解除していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO