2015.05.10

伊紙、2アシストの本田に称賛の嵐「ミランのプレーを劇的に変化させた」

本田圭佑
ローマ戦で2アシストを記録した本田圭佑(右)[写真]=Getty Images

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランは9日、セリエA第35節でローマと対戦し、2-1で勝利を収めた。

 本田のアシストからMFマルコ・ファン・ヒンケルとFWマッティア・デストロがゴールを奪取。ミランが2位のローマを破り、6試合ぶりの白星を手にした。イタリアの複数メディアが本田のパフォーマンスを称賛している。

 イタリアメディア『tuttomercatoweb.com』は、ファン・ヒンケルと並ぶチーム最高点の「7」を付け、「彼はこの試合で最初の危険なシュートを放った。得点にならなかったのは、相手GKがファインセーブを見せたからだ。右サイドを見事に駆け上がると、ファン・ヒンケルへとアシストした先制点の功績は大きかった。今夜のベストプレーヤーの一人だ」と称えた。

 イタリアメディア『メディアセット』は、単独でチーム最高点となる「7.5」を付け、「花見には少し遅れたが、春に開花する桜のようだった。称賛に値する素晴らしいプレー。2アシストだけではなく、強いフィジカルと、継続的なパフォーマンスだった」と絶賛している。

 同じく、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』もチーム最高点となる「7」を付け、マン・オブ・ザ・マッチに選出。以下のように評価している。

「トンネルから抜け出した。ミランのプレーを劇的に変化させ、ローマを脅かし、右から二つのアシストをもたらした。チームメイトにパスを供給し、常に自信を持って動いていた」

 なお同紙は、途中出場したDFサルヴァトーレ・ボッケッティにチーム最低点の「5」、ローマの最高点には、PKで1点を返したの元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティに「6.5」を付けている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング