FOLLOW US

アスプリージャ氏、古巣パルマ破産に落胆「私の心のクラブ」

かつてはコロンビア代表としてもプレーしていたアスプリージャ氏 [写真]=Getty Images

 元コロンビア代表のファウスティーノ・アスプリージャ氏が、古巣パルマの破産についてスペイン紙『マルカ』のインタビューに答えた。

 盟友ジャンフランコ・ゾラ氏とともにUEFAカップ制覇など、パルマの黄金時代を築き上げたアスプリージャ氏は、パルマについて「状況は紛糾しており、クラブは破産を宣告された。パルマは私の心のクラブ。このような状況にあることはとても悲しいものだ」と古巣の現状を憂いた。

 続けて、「パルマのおかげで、多くのコロンビア人がヨーロッパでプレーする機会を得た。クラブを助けるために必要な金額を投じてくれる救世主が現れることを願っている。しかし、必要な金額は約5000万ユーロ(約65億円)。このような額を下部リーグに降格するクラブに投じる者がいるとは思えない」と話し、新たなオーナーが現れることを願いつつも、金銭的な問題からその出現は難しいとの見解を示した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO