FOLLOW US

本田4戦ぶり先発のミラン、敵地でヴィオラに逆転負け…3試合未勝利

フィオレンティーナ戦に先発した本田圭佑 [写真]=Getty Images

 セリエA第27節が16日に行われ、フィオレンティーナと日本代表FW本田圭佑が所属するミランが対戦した。本田は先発出場している。

 10位のミランは、前節のヴェローナ戦では後半アディショナルタイムに同点弾を許し、2試合連続の引き分けに終わった。2015年に入り直近10試合でわずか2勝と苦戦が続いている。一方、5位のフィオレンティーナは前節3位ラツィオに完敗を喫している。

 最初にチャンスを得たのはフィオレンティーナ。7分、右サイドでボールを受けたヨシップ・イリチッチが左足でシュートを狙うが、枠を捉えきれない。

 一方のミランも12分、ルカ・アントネッリからパスを受けた本田が右足でシュートを放つが、フィオレンティーナのGKネトに阻まれてしまう。

 すると、フィオレンティーナが決定機を迎える。30分に左サイドでFKを獲得すると、イリチッチのクロスボールにホセ・バサンタが飛び込むが、ヘディングシュートはクロスバーに阻まれた。このまま0-0で前半を折り返す。

 後半立ち上がりに56分、カウンターから左サイドを突破したジェレミー・メネズが中央へ折り返すと、相手DFに当たったこぼれ球をジャコモ・ボナヴェントゥーラがダイレクトシュート。これが中央のマッティア・デストロがコースを変えてゴールイン。ミランが先制点を奪った。

 リードするミランは、81分に本田を下げてアレッシオ・チェルチを投入する。

 しかし83分、ホームのフィオレンティーナが同点に追いつく。CKが一度クリアされて右サイドに流れると、途中出場のホアキン・サンチェスがクロスボールを上げる。ファーサイドのゴンサロ・ロドリゲスがヘディングシュートを叩き込み、フィオレンティーナが同点に追いついた。

 86分、主審が入れ替わるアクシデントも発生。すると89分、左サイドのマヌエル・パスクアルがクロスを上げると、相手DFに当たったところをホアキンが頭で合わせて逆転に成功する。

 このまま試合は終了し、フィオレンティーナが2-1でミランを下した。なお、本田は81分まで出場している。

 次節、ミランはホームでカリアリと対戦する。

【スコア】
フィオレンティーナ 2-1 ミラン

【得点者】
0-1 56分 マッティア・デストロミラン
1-1 83分 ゴンサロ・ロドリゲス(フィオレンティーナ)
2-1 89分 ホアキン・サンチェス(フィオレンティーナ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO