2015.03.03

不法移民からビッグクラブが狙うタレントへ…カリアリの新星ドンサーの成功物語

ドンサー
カリアリ所属の18歳ドンサーは不法移民だったことを明かした [写真]=Getty Images

 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は「イタリア・セリエAのカリアリに所属しているガーナ人MFゴッドフレッド・ドンサーは、ユース時代に不法移民であったことを明かした」と報じた。

 ゴッドフレッド・ドンサーは1996年生まれの18歳。2012年にパレルモの下部組織に入団し、昨季ヴェローナに貸し出されてプロデビューを果たした。

 今シーズン、カリアリではレギュラーを獲得し、リーグ戦16試合で2ゴールを記録。アーセナルやトッテナムなど多くのクラブから注目を集める存在となった。

 現在はトマトの運送で生計を立てている父のタチとともに暮らしているゴッドフレッド。家族のために家を用意するが、自分が良い車を買うのはサッカーを辞めるときだけだと話した。

「僕の父は2007年に不法移民となった。イタリアはまるで知らなかったので、我々は恐れを抱いていた。しかし、父はイタリアで仕事を望んでいたし、僕の姉に勉強する機会を与えたかった。 父はガーナにあるカカオのプランテーションで働くことに疲れていた。母はまだそこで働いているし、僕も以前、同じようにそこにいた。とても厳しい環境だったよ。何時間も太陽の下で仕事をするんだ。 ただ、我々のカカオは皆が買えるものの中でベストであると保証できるよ」

「僕は15歳でパレルモに行った。トップチームで練習した時、ファブリツィオ・ミッコリに『何歳だい?』って聞かれたよ。 でも、その時僕はビザを持っていなくて、6カ月以上滞在することが出来なかったんだ。 ありがたいことに、ディレクターのショーン・ソリアーノが書類審査を助けてくれたし、ヴェローナにも連れて行ってくれた。 彼と、アフリイェ・アックア(サンプドリア/ガーナ代表)への感謝は失うことはないよ。アックアは最高の友人だ。彼はパレルモで僕を助けてくれた。いくらかのお金と、初めてのスパイクを貰ったんだ。裸足でプレーすることには慣れていたけどね 」

「ヴェローナのユースチームにいた時は、アンドレア・マンドルリーニがセリエAにデビューさせてくれた。彼は僕に努力の必要性を説いた。 僕はいつでも働く準備が出来ている。家族の世話をして、食べさせなければならないということを知っているからね。 6月には僕の家族も素敵な家を持つことになる。おそらく父も母とともに戻ってくるだろう。彼らはもう離れたくはないだろうし、僕は彼らを見守ることが出来る。 でも僕は浮かれてはいない。自分のために良い車を買うのは、キャリアを終えた時の楽しみだ」

「ズデネク・ゼーマンは僕を信頼してくれた。ジャンフランコ・ゾラは僕にさらなるモチベーションを与えてくれた。左サイドか、右サイドかは関係ない。僕はカリアリで幸せだ。家族のように感じているし、それに努力で報いるんだ。 90分間、死ぬかと思うくらいに走らなければいけないと分かっている。カリアリに出来るだけ残りたいし、この町とこのチームでインパクトを残したい。 もし、いつの日かプレミアリーグに行くとしたら、カリアリには大きな借りを残すことになるね」

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
31pt
マンチェスター・U
23pt
トッテナム
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
26pt
ライプツィヒ
22pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る