2015.02.23

チェルチのパートナー、ミラン指揮官の采配を非難「意味がない」

アレッシオ・チェルチ
チェゼーナ戦に途中出場したチェルチ [写真]=Getty Images

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランのイタリア代表FWアレッシオ・チェルチのパートナー、フェデリーカ・リッカルディさんが、22日に行われたセリエA第24節チェゼーナ戦でのフィリッポ・インザーギ監督の采配を非難した。

 リッカルディさんは、イタリアメディア『Rai』の番組『Quelli che il Calcio』でコメント。「アレッシオの調子は良いのに、試合の最後で出場させるのは意味がないわ。ただ、重要なのはミランが勝利することですけれど」と語り、86分にチェルチを出場させたインザーギ監督の采配に不満を示した。

 今冬の移籍市場でアトレティコ・マドリードからミランに加入したチェルチは、セリエAの3試合に先発出場、4試合に途中出場しているが、印象に残るプレーを見せられず、無得点となっている。

 なお、リッカルディさんは今年1月に自身のインスタグラムで、近々チェルチと結婚することを宣言している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
欧州順位をもっと見る