2015.02.23

本田出場せず…ボナヴェントゥーラの活躍でミランが3試合ぶり勝利

ボナヴェントゥーラ
先制点を決めたボナヴェントゥーラ [写真]=Getty Images

 セリエA第24節が22日に行われ、日本代表FW本田圭佑所属のミランとチェゼーナが対戦した。本田はベンチスタートとなった。



 前節、ホームで格下のエンポリを相手に引き分けに持ち込まれてしまった11位のミラン。2015年に入ってリーグ戦では1勝と苦しんでおり、フォーメーションを「4-3-1-2」と変えて同試合に臨んだ。一方19位のチェゼーナは、前節首位ユヴェントス相手に押し込みながら引き分けに持ち込むことに成功している。

 開始から積極的に出たのはミランだった。2分、ショートコーナーから繋ぎ、ジャコモ・ボナヴェントゥーラがミドルシュート。チェゼーナのGKニコラ・レアリが弾いたところをアンドレア・ポーリが頭で押し込みネットを揺らす。ミランが先制かと思われたが、オフサイドポジションにいたマッティア・デストロがプレーに関与したとみなされ得点は取り消されてしまった。

 失点を免れたチェゼーナは14分、右サイドのルイジ・ジョルジがグラウンダーのクロスを送ると、中央にゼ・エドゥアルドが飛び込んだがシュートまで持ち込めない。続く18分には、グレゴワール・デフレルがミドルシュートを放つが、ミランのGKクリスティアン・アッビアーティの正面だった。

 流れを失いかけたミランだったが、今度はチャンスをものにする。23分、リッカルド・モントリーヴォが中盤でボールを失うが、もう一度自ら奪い返しカウンターを仕掛ける。左サイドのルカ・アントネッリ、ボナヴェントゥーラ、ジェレミー・メネズとパスを繋ぎ、最後はボナヴェントゥーラがミドルシュート。地をはうようなシュートがゴール右下に突き刺さり、ミランが先制に成功する。

 前半のうちに追い付きたいチェゼーナも反撃に出る。前半アディショナルタイム、後方からロングボールを送ると、ミラン・ジュリッチが頭で落とした流れから、最後はジュゼッペ・デ・フェウディスがボレーシュート。しかしアッビアーティが横っ飛びでなんとか弾き返した。最大のピンチを防いだミランが、1-0とリードして前半を折り返す。

 後半最初にチャンスを作ったのはミラン。50分、ナイジェル・デ・ヨングが中盤でボールを奪うと、カウンターからボナヴェントゥーラがシュート。しかし、相手DFのブロックに阻まれた。さらに53分、左サイドのメネズがクロスボールを上げると、ファーサイドのボナヴェントゥーラがボレーシュート。しかしここは左ポストに弾かれてしまう。

 続く70分、右サイドのメネズがアーリークロスを上げると、途中出場のジャンパオロ・パッツィーニが頭で合わせたが、クロスバーの上を越えてしまった。

 なかなかとどめを刺せないミランに、待望の追加点が生まれる。89分、左サイドでフリーキックを獲得すると、ボナヴェントゥーラがクロスボールを上げる。すると中央でアントネッリが相手DFに倒されてPKを獲得する。キッカーのパッツィーニはゴール正面に蹴りこむと、レアリの足に当たりながらもゴールイン。ミランが大きな追加点を手にした。

 このまま試合は終了し、ミランが2-0でチェゼーナを下し、3試合ぶりの勝利を手にした。なお本田に今シーズン初めて出場機会が無かった。

 ミランは28日に行われる次節、敵地でキエーヴォと対戦する。

【スコア】
ミラン 2-0 チェゼーナ

【得点者】
1-0 23分 ジャコモ・ボナヴェントゥーラミラン
2-0 89分 ジャンパオロ・パッツィーニ(PK)(ミラン

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る