2014.12.16

伊紙、先制点に絡んだインテル長友に高評価「素晴らしい持久力」

長友佑都
キエーヴォ戦に出場した長友 [写真]=Getty Images

 セリエA第15節が15日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルは敵地でキエーヴォと対戦し、2-0で勝利を収めた。



 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』では、同試合に出場した各選手の採点と寸評を発表。フル出場し、先制ゴールに絡んだ長友には「6.5」が与えられた。

 また、同紙は長友のプレーについて「何度も攻め上がり、頻繁にサルドを突破。ナガトモのクロスから先制点につながった。素晴らしい持久力を示し、体力を確実に維持していた」と評価した。

 なお、インテルの最高点は先制ゴールを挙げたクロアチア代表MFマテオ・コヴァチッチの「7.5」。最低点はコロンビア代表MFフレディ・グアリンの「4.5」だった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る