FOLLOW US

ベニテス監督の代理人、過去にレアルから正式オファーがあったと告白

レアルから過去にオファーがあったベニテス監督 [写真]=Getty Images

 ナポリを率いるラファエル・ベニテス監督の代理人が、レアル・マドリードから同監督に正式なオファーがあったと明かした。イタリアメディア『calcionapoli24.it』の取材に応じた同監督の代理人を務めるマヌエル・ガルシア・キロン氏のコメントを同メディア『Football ITALIA』が伝えた。

 キロン氏によれば、同監督がリヴァプールを率いていた際に、レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長から2度の正式なオファーを受けたという。

「ラファには、2年連続でレアル・マドリードの監督になるチャンスがあった。1度目は6年前で、2度目がその翌年だ。非常に興味深いオファーだったと思う」

「フロレンティーノ・ペレスはラファを説得するために、プライベートジェットでイングランドを訪れた。彼の妻も説得しようとしていた。だが、 ラファはちょうどリヴァプールと新たな契約を結んだばかりだった。そのため、最も経済的に優れたクラブからのオファーを断ることになったんだ」

 就任1年目の2004-05シーズンに、リヴァプールにチャンピオンズリーグのタイトルをもたらしたベニテス監督は、2010年に同クラブを退団。その後はジョゼ・モウリーニョ監督の後任としてインテルの監督に就任していた。

(記事/超ワールドサッカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO