FOLLOW US

サネッティ氏が米ワシントンの小学校を訪問…子ども達と交流を図る

現役引退後も副会長としてインテルに貢献しているサネッティ氏 [写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルのハビエル・サネッティ副会長がアメリカのワシントンにあるブルース・モンロー小学校を訪問した。クラブ公式HPが、29日に伝えている。

 同HPによると、サネッティ氏はサッカークリニックなどを通して現地の子供たちと交流を図り、笑顔の絶えない時間を共にしたと伝えられている。

 現在40歳のサネッティ氏は、2013-14シーズンを最後に現役を引退し、19年間在籍したインテルの副会長に就任。現役中はクラブ史上最多となる通算858試合出場の金字塔を打ち立て、スクデット5連覇やチャンピオンズリーグ制覇を果たすなど、インテルの偉大なキャプテンとして大きな貢献を果たしていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA