FOLLOW US

インテル行き噂のチリ代表MFメデル…カーディフは強硬な姿勢崩さず

ブラジルW杯でチリ代表の一員として活躍したメデル [写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルへの移籍が濃厚とみられていたカーディフに所属するチリ代表MFガリー・メデルだが、所属先のカーディフは移籍金の値下げに応じる意向がないようだ。イギリスメディア『WalesOnline』が伝えている。

 インテルはメデル獲得のために、完全移籍を前提としたレンタルで計800万ポンド(約13億8000万円)の移籍金を用意したと見られるが、カーディフは昨季セビージャから獲得した際にかかった1100万ポンド(約19億円)以上を要求している模様。カーディフのチェアマンを務めるメフメト・ダルマン氏が以下のように語った。

「我々はブラジル・ワールドカップでスターとなった選手を、損失を出してまで放出するつもりはない」

「我々のスタンスは明らかで、移籍金を値下げすることはない。カーディフや選手にとって正しいことを行うのみだ。メデルに興味を持っているクラブはあるが、まだどこのクラブとも合意には至っていない」

 2013年にセビージャからカーディフに加入したメデルは、2013-14シーズンのプレミアリーグで34試合に出場している。しかしカーディフは、勝ち点30でリーグ最下位に終わり、2部のチャンピオンシップに降格している。

(記事/超ワールドサッカー)

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA