2014.04.08

本田の初得点を喜ぶ指揮官「価値あるゴール。より重要な選手になった」

セードルフ
得点を決め、セードルフ監督(左)に駆け寄る本田(右) [写真]=Getty Images

 セリエA第32節が7日に行われ、ジェノアと日本代表MF本田圭佑のミランが対戦。4試合連続の先発出場を果たした本田は56分にカウンターからチーム2点目を獲得。リーグ戦出場12試合目で待望の初ゴールを決め、2-1の勝利に貢献した。

 試合後、ミランを率いるクラレンス・セードルフ監督は本田のゴールについて、以下のようにコメントしている。

「本田は試合ごとに成長してきた。今日の初ゴールで私も幸せだ。ジェノアはとてもアグレッシブだったし、押してきていた。そんな難しい時間帯に彼は得点を決めた。価値のあるゴールだった。素晴らしいプレーヤーだ。我々にとって、より重要な選手の一人になった。セリエAでゴールするということは特別な瞬間だ。それは私もよく知っている。この調子でプレーし続けていってほしい」

 敵地で競り勝ったミランは3連勝。勝ち点を45に伸ばし、順位は11位ながらヨーロッパリーグ出場圏内の5位インテルとの勝ち点差を5としている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る