2014.03.16

インテル指揮官が続投を強調「来季の監督は間違いなく私」

インテルのマッツァーリ監督 [写真]=Getty Images

 インテルは15日に行われたセリエA第28節で、ヴェローナと敵地で対戦。アルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオとブラジル代表DFジョナタンのゴールで、2-0と勝利した。

 試合後、ヴァルテル・マッツァーリ監督は、「来シーズンのインテルの監督は間違いなく私」と明言。前日会見で持ち上がった監督交代説を一蹴した。クラブ公式HPが伝えている。

 マッツァーリ監督は、ヴェローナ戦の前日会見で、「シーズン終了後、選手たちの出来を総合的に見て色々と検討する予定だよ。その時点で、私がまだ監督ならば、テクニカル面での最高責任者という立場からして、考えをクラブに伝える」とコメント。自身の契約についても、「6月に検討することになるかもしれないが、クラブとは全体像がより見えてきた時に改めて話すことになっている」と語っていた。

 イタリアメディアは指揮官の意味深な発言を取り上げたが、マッツァーリ監督自身は、「前日会見の発言が一部のマスコミから変な捉え方をされたみたいだ」と触れたが、「今はとにかく、そんなことはどうでもいい」と一蹴。「何よりも試合に勝つことが大事。シーズンを良い形で終えることは来シーズンに向けての勢いにもなるから、それなりに重要なんだ。来シーズンは今シーズンを上回るようにしないといけないからね」と、今後への意気込みを語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
リヴァプール
6pt
チェルシー
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
アタランタ
3pt
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る