2014.01.10

カップ戦敗退のインテル長友に辛口評価「チャンスを無駄にした」

長友佑都
ウディネーゼ戦にフル出場した長友(右) [写真]=Getty Images

 コッパ・イタリアのベスト16が9日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルはウディネーゼと対戦し、0-1で敗れた。『canaleinter.it』が同試合に出場した各選手のプレーを採点。フル出場した長友には「5」が与えられた。

 長友のプレーについては「左サイドでジャッポネーゼは常に責任を果たしていたが、持ち味を発揮する攻撃のところで不正確なプレーが続いた。今日の試合は、後半のいくつかのプレーを除いてダイナミックなプレーを欠き、カバーリングの場面でも不正確なように思えた。シュートやクロスを放つ良いチャンスを得る度にそれを無駄にした」と記しており、厳しい評価となっている。

 なお、アルゼンチン代表FWディエゴ・ミリートと、セルビア代表MFズドラヴコ・クズマノヴィッチにはチーム最高の「6」が、アルゼンチン代表GKフアン・パブロ・カリーソにはチーム最低の「4」が与えられた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング