2013.12.16

伊紙が今季4点目の長友に辛口採点「大きなミスを犯してしまった」

フル出場した長友佑都(右) [写真]=Getty Images

 セリエA第16節が15日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルはアウェーでナポリと対戦し、2-4で敗れた。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合に出場した各選手のプレーを採点。フル出場し、今シーズンの4ゴール目となるチームの2点目を奪った長友には、「5」の評価を与えた。

 同紙は長友のプレーについて、「いったいなんて大きなミスを犯してしまったんだ。相手のイグアインへの“アシスト”は、ナポリにカウンターを許すミスとなった」とコメント。「ゴールを奪い、多少はイニシアチブを握ったことで採点はやや改善されたが、このミスはあまりにも大きく、インテルに重くのしかかった」と記して、ゴールを挙げながらも低評価となったことは、1失点目に関与したことを要因とした。

 なお、マン・オブ・ザ・マッチには、「7.5」と採点されたナポリのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが選ばれている。インテルでの最高評価は、コロンビア代表MFフレディ・グアリンの「6.5」だった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る