2013.11.25

長友が左足を痛めて前半途中に交代…インテルはボローニャとドロー

 セリエA第13節が24日に行われ、ボローニャと日本代表DF長友佑都の所属するインテルが対戦。長友は開幕から13試合連続で先発出場となった。

 試合はアウェーのインテルが優勢に進める中で迎えた12分、カウンターからホナタン・クリスタルドが右サイドを持ち上がり、中央へラストパスを送ると、駆け上がってきたパナギオティス・コネが決めて、ボローニャが先制する。直後にインテルは、ロングボールをゴール前でトラップしたロドリゴ・パラシオにチャンスが訪れるが、シュートはGKジャンルカ・クルチが好反応で防いだ。

 24分にはインテルに打撃。長友が左足を痛め、座り込んでしまい、アルバロ・ペレイラとの交代を余儀なくされてしまう。37分にインテルは、右サイドのジョナタンのクロスをロドリゴ・パラシオがヘディングで合わせたが、ゴール右へ外してしまう。43分には、右サイドのペナルティエリア内深くまで侵入したサフィル・タイデルが速いグラウンダーのクロスを送る。ボールはファーサイドまで流れると、A・ペレイラが角度のないところから左足で折り返し、さらにタイデルがもう一度折り返すも、ボールはゴールの前を往復し、誰も触ることができず。アディショナルタイムには、左サイドゴール45度の角度でFKを得ると、フレディ・グアリンが直接狙ったが、壁に当たったボールはクロスバーを直撃した。前半はボローニャの1点リードで折り返す。

 インテルは51分、ジョナタンがエリア内右からシュートを放つと、ブロックに入った相手DFの足に当たって、ネットを揺らし、後半の早々に同点とする。ボローニャも55分、後半から投入されたロランド・ビアンキが、自陣からのロングボールのこぼれ球をダイレクトボレーで狙うが、枠を捉えたシュートはGKサミル・ハンダノヴィッチの好セーブに阻まれた。

 71分にインテルは、ジョナタンの右サイドからの折り返しをゴール正面で受けたグアリンがシュートを放ったが、枠を外してしまう。後半のアディショナルタイムにはセットプレーから、インテルのフアン・ジェズスが左足のボレーシュートで狙ったが、クロスバーに当ててしまい、試合は1-1の引き分けに終わった。

 インテルのリーグ戦の連勝は2でストップ。ボローニャは3試合勝利から遠ざかっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る