FOLLOW US

リーグ4戦勝ちなしのミラン監督「何をコメントしても意味がない」

キエーヴォ戦を振り返ったミランのアッレグリ監督 [写真]=Getty Images

 セリエA第12節が10日に行われ、キエーヴォとミランが対戦。0-0の引き分けに終わった。ミランはリーグ4試合勝ちなしで、3勝4分け5敗。勝ち点13で、11位となっている。

 ミランのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が試合を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 アッレグリ監督は、「キエーヴォは11人全員が守備に徹していて、それを破るのは容易ではなかった。ラストパスの部分で詰めが甘い場面も見られたが、それ以外にもゴールのチャンスは何度もあった。内容としては良かったし、ひどい試合だったというわけではない」と、試合を振り返り、「サポーターは、試合終了10分前まで我々を鼓舞し続けてくれた。彼らもこの結果に落胆しているはずだ。リーグ中断後は得点力を取り戻し、良い形で再出発したい。トレーニングの段階から選手たちは非常に良くやっているから、希望は持てる。唯一の後悔は、7、8回あったチャンスを活かしきれなかったことだ。中断期間中にできる限りの準備をしたい」と、コメントした。

 そして、「今は何をコメントしてもあまり意味がない。選手たちには何の責任もない。キエーヴォも良い試合をしていたと思う。残留争いをしてはいるが、クオリティーは高い。やれるだけの準備をして試合に臨み、それでも勝てない。そんな時はただ努力するしかない。言葉はほとんど役には立たない」と、話した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA